誤って文章を削除してしまった

このページでは、誤って文章を削除してしまった場合の復帰手順を説明します。
notesでは「本文を空にしてしまった場合」「ファイルそのものを削除してしまった場合」それぞれに対策を用意しています。

誤って本文を空っぽにしてしまった場合

執筆作業中に誤って本文を空っぽで保存してしまった場合に復帰できるよう、対象テキストの「もっとも文字数が多かった状態」を通常の保存とは別に保持しています

トラブル時の解決用の機能のためリンク等は用意していませんので、
各編集画面のURL末尾に「/t」を追加して直接アクセスしてください。


http://notes.underxheaven.com/edit/1

http://notes.underxheaven.com/edit/1/t

※データ保存はブラウザのキャッシュ機能を利用しています。
キャッシュをクリアすると保持データは削除されますのでご注意ください。

ファイルそのものを削除してしまった場合(削除履歴)

フォルダ画面で誤ってファイルを削除操作してしまった場合に復帰できるよう、
過去に削除したファイルの履歴と本文を30日間保管する機能を実装しています。
専用の履歴画面で削除済みファイルを確認/txtダウンロードすることができます。

トラブル時の解決用の機能のためリンク等は用意していませんので、
フォルダページの1番上の階層でURL末尾に「/t」を追加するか、下記URLで直接アクセスしてください。

https://notes.underxheaven.com/directory/t

※30日が経過すると自動的に完全消去されるのでご注意ください。

ばっくあっぷ は くらうど 2かしょ