違う君と

人間なんて皆同じさ。
君がうそぶく。

 僕と君でも違うというのに。
 僕がたずねる。

結局、目鼻があって口があるだけじゃないか。

 君は髪が長いし僕は髪が短い。

そんなの誤差さ。

 大きな違いだよ。

じゃあ僕も髪を切ろう。

 それでも違うさ。

同じ服を着よう。

 それでも違うさ。

君の口調を真似よう。

 それでも違うさ。

ならば何が違うんだい。

 違う人間なんだ。

そんな違いの何が大事なんだ。

 僕は僕、君は君であることが大事なんだ。

なら君にはこれが自分だという確たるものはあるのかい。

 そんなものなくったって、僕は僕さ。

顔を隠して名前を伏せれば、君はもう君でなくなれるのに。

 どんな名を名乗ろうと、僕は僕で君は君だろう。

君の名前でインターネットに投稿したら、みんなが君だと思ったのに。

 同じと言い張る君と、違うと言い続ける僕は、今日も分かりあえないままだ。
 




powered by 「notes」

12 回読まれています