石太

「感度が良くて仕込み甲斐があるな」
「な、なんで?」
「処女で男の人と寝た事がない太一さんが僕たちに勝てる訳ないでしょ?」
「お前より女の事を知ってるかもな?こことか」
「ひっ、あぁっ!!」

きゅっと胸を掴まれて太一の身体が弓なりにしなる。混乱する太一とは裏腹にヤマトはその反応を満足そうに笑った。

「痛い方が好き?」
「い゛っ…!やめろっあ゛あっ」
「それとも擽られる方が好き?」
「ふぁああぁぁああっ!?」

タケルの指がくりくりと肉豆の周りをこね回したり、軽く弾いたりただけだというのに身体が勝手に震えてしてしまう。自分の身体なのに自分では止められない。

「素直に気持ちいいところ教えてくれたら止めてやる」
「や…いや、わかんな、あぁっ!?」
「なら痛いので感じる身体になる?」

ぎゅっと先端を指で潰されて悲鳴を上げた太一の顔をヤマトが慰めるように撫でる。

「痛いのだったら分かりやすいもんな」
「ひ、やだっ…!」
「なら本番いこうか?」
「え、うわっ!」

両足を掴まれて太一ですら見た事のない部分を開かれる。

「両方の穴がひくひくしてるね」
「太一はサッカーやってるから処女膜が破れてたらどうしようかと思ってたけどまだあってよかったよ」
「く、うぅっ…!」
「おまんことお尻、どっちがいい?」

妊娠してしまう可能性を考えれば太一の選択肢は一つしかない。

「お、おしり…」
「聞こえない」
「お尻を、犯してっ!」

羞恥で顔が焼けそうだ。

「お尻は濡れないからローション入れるね」
「柔らかくなる成分が入ってるからそんなに苦しくないさ」

とろみのあるローションがタケルの手を濡らし、その粘着性を確かめる様に指を開いた。

「ほら、トロトロしておまんこ汁そっくりでしょ?」
「タケル、太一は処女なんだからおまんこ汁なんて分からないぞ」

自分でも見た事がない部分をじろじろ見られて吐きそうだ。

「うぁっ…ひ、いたっ」
「大体、女の子ってココ突かれるといい声で泣くんだ」
「ひぎっ?!あ゛っ、ああっ…!」
「タケルだけなんて言ってないだろ?」
「や、やだっ…!イタッぁあっ」
「二人でやったら早い」
「やぁあ゛あ゛っ、ひぅ…!いたぁ…」

タケルとは別に太一の中に侵入したヤマトの指がぷちゅぷちゅと音を立てて出し入れされる。
自分でもめったに触れない場所を二人がかりで拡げる様に開かれて悔しさに涙が出そうだ。

powered by 小説執筆ツール「notes」

44 回読まれています